なにより簡単な調理方法とは?

こんにちは~

レポのカワノです。

いやー、寒くなってきましたねー

熊本も寒いです。

でもこの冬に、あえてもっと寒いであろう、阿蘇に行ってまいりました。

そう、阿蘇山に~♪

なぜかというと、、、

発酵料理の会なるものがあったから

その発酵料理の会で、

みなさん持ち寄りで、自慢の発酵料理をちゃっかりいただいちゃうという、なんともしあわせな会。

はぁ~おなかいっぱい!

おいしゅうございました。

おいしゅうございました。

あ、二回言っちゃった。

まぁ、それくらい美味しかったんです

発酵食品には有名なものでぬか漬けや、麹を使った甘酒、最近では酵素ドリンクなど、いろいろありますよね!

この日もありましたよ~、ぬか漬け!

そこで驚いたのが、

画像手前にお目見えの、ゆで卵とアボカド。

これがもうめちゃめちゃ美味しい

ぬか床もそのまま味見させていただくと、

かなぁ~りおいしいことが判明したので、

今回はあえて、ぬか床から取り出したまま、

OK

(上からも撮ってみた)

ぬかの付いた状態で切っていただいちゃう、というオツさです

これすべて発酵が絡んだメニュー。

圧巻です!

おいしいねぇと

もぐもぐ食べてて感じたのが、その味の深み

コクやうま味や風味が、口の中に広がるんですよ!

でも、

これって全然特別なことはしていない。

食べただけのわたしが言うってーのも

作ってくださった方にとっても申し訳ないんですが

作り方といえば、

たまご茹でて、ぬかにいれただけ、なわけです。

なんか・・・なんか、すごくないかい?発酵パワー

こっ、これは!

世界一簡単な調理法

そう気付き、目玉びよーんの一日でございました。

思えば日本には、

素晴らしい発酵食品があります。

そのひとつが、お醤油。

愛する大豆さんと、小麦とお塩。

それをじっくり発酵させて出来てるんですよねー。

もし、わたし達が自分の口の中に、

お醤油の原料を入れてカミカミしたって、こうはなりません。

いやはや、お味噌れします。

(あ、失礼、お見それでしたね)

(ここは発酵仲間ということで、ちょいとお味噌さん乱入(笑))

ですが、このお醤油には、大きく分けて

二種類あるのをご存知でしょうか。

そのふたつとは

”速醸”(そくじょう) と ”本醸造”(ほんじょうぞう)

通常、お醤油を作るには、年単位の期間が必要です。

じっくり、じっくり、発酵熟成させていくのですから当然でしょう。

ですが、この、速醸法で作られたお醤油というのは、

発酵、熟成、というより、

お醤油の味を再現した、「醤油風調味料

といったところ。

速醸醤油は、本醸造のものと違い、

化学物資や、添加物を使って作られています。

日本は、戦後食べ物がなにもなかった時代に

この速醸醤油が出来た、と言われているので、

仕方がなかったのかもしれませんね。

ですが、

わたしがLepo/レポにおいて、原材料を選定する際の基準はあくまで

自分のこどもに安心して与えられるものか?

ここが大切なんです。

ここだけは譲れないところ。

そうなると、やはり

不安の残る速醸のお醤油は使うことができません。

ということで、

レポでは、

2か年以上、木樽で天然醸造された、貴重なお醤油

を使わせていただいています。

みんな大好き、「甘辛しょうゆ」

無添加のお醤油をつかった、レポ独自の醤油だれは

コクがあるのに、あっさり食べられると、

お客様からご好評いただいています。

みなさまのお口に入るものですから

おいしいのはもちろん、

安心して食べられるものをお届けしたい。

今日もこのお豆で、

ひとつでも多くの笑顔としあわせが生まれますように。

関連記事

  1. ちっちゃくても味が濃い! 「みさを大豆」

  2. 土にやさしく、生き物に寄りそう

  3. ブログ

  4. ブログはじめました

  5. つづくおうち時間・・・からの環境改善!?

  6. Lepoのはじまり その6

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。