Lepo/レポのはじまり その1

こんにちは~   レポのカワノです。  


昨日の朝の熊本の気温、何度だと思います?

熊本の市内ですよ!
山の方じゃなくって、熊本ではわりとにぎやかなほう。    

(これは数日前の熊本城)    

今朝の熊本市内の気温 なんと 0℃

もうね~、トイレに行くのすら嫌。

わたしの脂肪、何やってんのかしらまったく

全然あったかくないどころか、脂肪が冷えて寒いくらいよ。ねぇ~

と、まぁ、脂肪へのグチはこのくらいにして。。。  


今日のお昼ころですね、

関東に住む息子から電話がありました。

  貧乏学生ですから、いつもの 「食べ物送って~」から始まり、

なんやかんやと頼むんで、

「それくらい自分で買えんとね?」

と言ってはみたものの あっちは聞いてないフリ。

はぁ~、やるもんですね、まったく。

なーんて言いつつも

元気でいることが嬉しくなって

なんやかんやとそそくさと準備をして、

すぐさま送りました。

  えぇ、ダメ親ですね、間違いなく。


ですが この息子、

実は6歳の時に結構な病気を患ったんです。

そしてこの事が、

わたしが食について考え出したきっかけ、 となりました。

  息子が6歳のときに、ある症状に気付き、

病名が判明するまで 3年かかりました。

その時付いた診断は 

 IgA腎症 

慢性の腎炎です。

6歳の時に、彼のトイレについていった時

そこでわたしはとても驚いたのを覚えています。

  わたしが見た彼の尿は、見事に真っ赤っか。

息子本人はというと、あまり自覚がなかったようです。

わたしが「どうしたの! 大丈夫!?」

などなど矢継ぎ早に質問しましたが、

彼はぽかーんとしていました。


そこから病院へ行くんですが、

もうね、ドクターも、

なんやかんや言う割には、結局分からないわけですよ。

結構大きな病院へ行きましたが、

3軒目でようやく、

小児腎臓病の権威と呼ばれるドクターと 会うことができ、

即入院することになったんです。


まずは、

尿がどろっとするほどの出血だったので、

止血剤を投与され、病院では絶対安静。

ベッド上から降りることも許されませんでした。

  それから治療のために、薬も使ってみましたが、

退院するとすぐ悪化し、また入院。

そして、息子は腎生検を受けることになります。

  その2につづく

関連記事

  1. 2020年、明けましておめでとうございます

  2. グレインフリー!わんちゃんとシェアできるハッピーおやつ♪

  3. Lepoのはじまり その8

  4. どうしてお豆なの?

  5. つづくおうち時間・・・からの環境改善!?

  6. ちっちゃくても味が濃い! 「みさを大豆」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。