Lepo/レポのはじまり その2

こんばんは~^^ レポのカワノです。

 見に来てくださって、ありがとうございます。

息子が6歳のとき、母であるわたしが

突然の血尿を見つけてから

入退院をくり返すけれど、なかなか改善がみられないまま。

 学校にもなかなか行けず、

腎生検を受けることになります。

血尿が発覚してから、

すでに3年が経過していました。

腎生検というのは、

患者の体内から、直接

腎臓の組織をとり、細胞を調べる検査です。

まだ、小さい息子のからだに、

驚くほど長く、

そして太い針を背中から刺し、

細胞を採るのです。

組織は、一度では採れない場合も多く、

その場で顕微鏡をのぞき、確認します。

細胞が確認できなければ、もう一度。

局所麻酔はしてありますが、

腎臓が体の深部にあるため、

針が刺されるたびに処置室からは

  「 う゛っっ 」  

と息子の声が聞こえ、

わたしは廊下から、無事に終わるように・・・

と 手を合わせ祈っていました。


腎臓は、とてもとても細い血管の集まりですから、

組織を採って傷がついたところから、

出血してしまいます。

ですので、

生検後は二時間、

看護師さんが上から圧迫して 出血を抑えます。

生検のあとは数日寝たまま、

起きることも寝返りを打つことも許されません。

寝返りができないなんて、

大人でも辛いであろうことを、

彼は文句も言わず、我慢してくれました。  

そして生検から一週間後、

待ちに待った結果を聞く日です。

そこで医師から、

  「 IgA腎症 」  

の診断を受けました。

彼の腎臓からは、

重度の患者に見られる ”半月体”とよばれる組織が検出されました。

診断を受けるにあたって、

この半月体があるかないかが、ひとつの判断基準となるようです。

上にも書いたように

腎臓は、とても細い血管の集まりです。

ですので、

ほかの臓器のように”治る”ことや修復することはなく、

一番良くても、”現状維持” だとドクターは言いました。

  「 治らない。」  

この言葉がとてもつらかった。

今の入退院を繰り返す生活。

この子は、学校に行って、

友達と遊んで、 小学生から中学生、

そして高校、大学へと進み、働くようになる。

普通に、成長していく。

それが普通だと思っていた。

でも、この子の普通は、病室の中なのかもしれない。

それが大きな衝撃でした。

自分の悲しみより、我が子への申し訳なさ。

親のわたしに責任がないはずはない。

そう、思いました。

ですが希望を捨てたわけではありません。

医師の診断がついたことで、

的を絞った治療も始められるのです。

今までの手探りのような治療から、

やっと新しい一歩を踏み出しました。

ドクターの言うがまま、治療を始めました。

内容は   ステロイド免疫抑制剤の投薬治療です。  

  まだ小さいですから、

錠剤を飲む練習からです。

毎朝、7錠のおくすりを飲まなくてはなりません。

飲み込もうと頑張っても、のどにひっかかり、

戻しそうになって、目をうるませる。

吐き出しても、

その溶けかかった錠剤をまた口に入れさせ、

大量の水で流し込もうとする。

このお薬、とてもとても苦いんです。

普通のくすりの比じゃないくらい苦いので、

あえて錠剤で処方していると、

ドクターから聞いていました。

だから飲むのを失敗すると、ますます飲みづらくなる。。  

テーブルも、床も、水びたしにしながら、

毎朝頑張って飲んでいました。

検査も終え、投薬も始まり、

きっと改善するんだ、

治らないなんて、きっと何かの間違いだ。

うちの子は大丈夫なはず。

この時のわたしたちは、そう思っていました。

    その3へつづきます

関連記事

  1. 土にやさしく、生き物に寄りそう

  2. Lepoのはじまり その8

  3. 無添加カカオモレ

  4. ブログはじめました

  5. Lepoのはじまり その5

  6. グレインフリー!わんちゃんとシェアできるハッピーおやつ♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。