”愛するこどもに食べさせたいもの”をつくる。

それがわたし達 Lepo(レポ)の「約束」

手づくり豆菓子Lepo(レポ)は、この子の病気をきっかけに、

食の安全とはなにか? を考え、つくったお店です。

 

スーパーに入ると、数多くの食品が所狭しと並んでいます。

おいしそうな惣菜、子ども心をくすぐる色鮮やかなパッケージのお菓子。

でも

そのお菓子の裏表示をよく見てみてください。

なにか分からないものは、入っていませんか?

これってなんだろう? そう思いませんか?

そのよく分からない材料を、何も考えず口に運んでいいのでしょうか。

あなたの大事なお子さんに食べさせても、本当に安全ですか?

 

 

上の写真は

この子が6歳の時、

出先で、息子と一緒にトイレに入りました。

その時、私は初めて、息子の異変に気付いたのです。

彼は、私の前で驚くほど真っ赤な血尿をしました。

息子自身も、自分のおしっこをよく見ていなかったのか、

わたしに言われて、初めて気付いたようでした。

すぐに二人で病院へ行きました。が、結局、診断がつかず

入院、退院を繰り返し学校にもなかなか通えないまま、月日は流れていきました。

 

そして

9歳でやっと腎生検を受けることに。

はじめて血尿に気付いたあの日から、すでに3年が経過していました。

3年待って、ようやく医師から出された診断は、”IgA腎症” という名の慢性腎炎。

生検で息子の体から採取された腎臓の一部からは、

半月体と呼ばれる、重症患者にしか見られない組織が見つかり、

医師からは、「腎臓は、ほかの臓器のように”治る”ことはない」と言われました。

今以上に悪くしないように、病気と上手く付き合うことだと。

そしてまだ未熟でちいさな体に、多量のステロイドと免疫抑制剤の投与が始まりました。

すぐにステロイド特有の副作用は現れ、息子の顔はムーンフェイスに・・・。(ムーンフェイスとは顔がパンパンにむくむこと)

なんで、息子がこんな目に。どうして? 私だったらよかったのに。

たくさん泣いて、たくさん悩みました。

当時、その病院には、同じような病気の子供たちが入院しており、

ほかのお母さんたちと、

「なにかあれば、私たちが子どもに腎臓をあげようね」

「母親が一番、移植のリスクが低いらしいよ」「だからきっと大丈夫!」

と、励ましあって過ごしていました。

神頼みにお百度参り、通院以外にもいろいろなことをしました。

すべては息子のために。

そんな中、わたしたちは添加物を摂らない食事療法と出会います。

とりあえず、やってみるだけやってみよう!

半信半疑な気持ちもありましたが、考えるより、まず実践だ!と、

まずは、調味料をすべて買い替えました。化学調味料の入った、だしの素は捨てて、使わないようにしました。

もちろん、すぐに結果は出ません。

でも諦めませんでした。

当時のわたしたちにとって、それしか出来ることはなく、

それだけが、わたし達家族にさしこんだ、ひとすじの光。

それからも息子は、入院したり、退院したりしながらも、

食事療法の甲斐もあって、少しづつ、少しづつ、薄皮をはぐように、

元気になってくれているようでした。

入院の間隔も、少しづつ、開いていくように感じました。

そして食事に気を付けだしてから、10年近い月日が流れ、

あの日、医師に”治らない”と言われた息子は、今は無事、大学生に。

家を離れ、大学近くのアパートで、ひとりで暮らしています。

誰より、一番驚いたのは、息子自身ではないでしょうか。

彼は自分の体で実感したのでしょう。

今でもコンビニは使わず、毎日自炊をしながら元気に暮らしています。

当時担当だった医師からは、奇跡だ、と言われました。

これが、私達家族に起こった、ウソのような本当の話。

 

病気が教えてくれたこと。

 

あの日わたしは、息子の病気は悪い事だと思っていました。

嘆くことしかしていませんでした。

でも、

たくさんの気づきをもらうことができました。

数多くの大切な学びや、貴重な出会いを、幾度となく運んでくれました。

『わたしのからだは、わたしが食べたもので できている。』

思えば、当たり前でシンプルなこと。

無知だったわたし達に、

幼かった我が子が、小さなからだを通して教えてくれた たいせつな学び。

元々、豆菓子の製造元に生まれた私でしたが、

もっと安全で、添加物に頼らない、みなさんに 安心して食していただける豆菓子を作りたい!と思い、

2017年、ひとりでLepoを立ち上げました。

 

手づくり豆菓子Lepoでは、こんな決まりをつくっています

 

・わたしが、納得できる原料だけを使います。

・わたしが自分の子供に食べさせたいか?

 それが、判断基準であり、

 手づくり豆菓子Lepoのテーマでもあります

 

”手づくり豆菓子Lepo”は、できる限り熊本県産の素材を使った、

化学調味料や合成着色料、保存料、香料など無添加の、”九州産大豆のお菓子”を手づくりしているお店です。

他社製造品は一切、取り扱っておりません。

 

「Lepoの豆菓子が、みなさんのこころとからだの元気の源となりますように。」

 

 

 

 

◆こだわりその1

原料は安全な国内産のものを選んでいます

  • 大豆と小麦粉…九州産のものから厳選したものを使用しています
  • 落花生…熊本の契約農家で栽培した落花生です
  • 寒梅粉…九州内で栽培されたもち粉を、その時々で選んでいます
  • …昔ながらの古式圧搾の無添加油を使っています
  • …熊本県の天草西海岸の釜炊き塩を使っています
  • 醬油…小豆島の無添加丸大豆醬油を使っています
  • 海苔…無酸処理の鹿児島県産の海苔と愛知県産の天然あおさのり
  • 黒糖…沖縄県で生産されている純黒糖です

◆こだわりその2

≪ Lepo(レポ)の約束 ≫

化学調味料
保存料
着色料 すべて無添加。

◆こだわりその3

すべての商品は、職人が手づくりをしています。

ですので、大量に生産することはできません。

日々変わる気温や湿度をみながら、微妙な配合、焼き加減を調整しつつ、

今日も、さくっポリッとした食感がでるように、心を込めて丁寧につくっています。

 ▷ 九州産の大豆を使った豆菓子のご購入はこちらから